本文へスキップ
FPIC



(公益社団法人家庭問題情報センター
千葉ファミリー相談室

 




電話 FAX: 043−227−4716

受付:月〜金 (AM9:30〜PM4:30
) 
  ホーム  相談室の活動 相 談  面会交流  後 見  その他活動  アクセス  リンク



 後見活動



      お任せ下さい

成年後見人

任意後見人

未成年後見人


     


  Q1 成年後見制度とは、簡単に言うとどのような制度ですか?



          成年後見(後見、保佐、補助)制度は、本人の判断能力が十分できない方々の財産管理、

         身上監護(生活や健康)について
支援する制度で、法定後見制度と任意後見制度があります。


           

            法定後見制度:判断能力が不十分になったときに支援してもらう制度です。

            任意後見制度:本人の判断能力が不十分になる前に、自己の意思で支援の契約をしておく制度です。

            未成年後見制度: 父母(親権者)がいない未成年者の法定代理人となって、成人するまで未成年者


                      
                      のためにその役割を果たす制度です。





       
      
Q2 千葉ファミリー相談室の後見活動の特徴は何ですか?



          
           1 温かな身上監護と、厳正な財産管理を行います。

         2 本人や親族とよく話し合いながら、そのお気持ちを大切にします。

         3 安心、信頼ある活動をするために、組織内で厳重な監督体制を実施します。

         4 法人でお引き受けし、担当者は豊かな経験を持ったスタッフが原則として複数で行います。



    

      
Q3 任意後見について説明してほしいのですが。




        1 
現在は十分な判断能力が有るが、将来に備えて、信頼できる個人または 法人に後見を

            
            依頼する制度です。

           自分の希望に沿った、身上監護や財産管理を公正証書により契約をします。

         


        2 
公証役場で『任意後見契約』を公正証書にしてもらう必要があります。
            
            その際、あなたの死後の葬儀やお墓のことなど(
死後事務の契約)や遺産についての
            
            
遺言書の作成遺言執行者の指定なども、同時に公証人に依頼して公正証書にしてもらうことも

            
            できます。

           
                       任意後見契約のリーフレットをご参照下さい



      Q4 
千葉ファミリー相談室に後見業務をお願いしたいのですが。


         1 先ず当室にお電話下さい。折り返し、担当者からお電話します。

         2 当室に来ていただくか、担当者がお伺いしてご事情をお聴きします。

         3  申立手続きは複雑で用意する書類が沢山ありますので、可能な限りサポートします。

         4 千葉ファミリー相談室(法人)が裁判所の決定で後見人等に選任されましたら、ご本人のために誠意を
           
           持って後見事務を遂行します。

    


      その他、後見問題の相談をお受けし、問題へのアドバイスを致しますのでご相談下さい。